読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KinKi Kids Concert 2015-2016 MCレポ

KinKi Kids 参戦記録

Twitterで呟いてたものをまとめつつ。ニュアンスの違いや抜けている所がいくつかあるかと思いますがお許しあれ!

【12/19 京セラドーム】

☆MCに時間制限
・MCがはじまるやいなや突然光一さんが「おっかしいやろ!!!」とお怒りに。
・「我々のMCって無法地帯じゃないですか」「そうですね」「ほっといたら永遠に」
・その無法地帯を防ぐ為、プロンプターに『MC残り30分』とカウントが表示されたそう。
・「えー!」と客席から声が出れば「いい歳してえーとか言ってんじゃない!」と光一さん。
・「スタッフさんもわかってるんやろな」「まあでも、そのおかげで質の高い喋りをね?できるわけで」
・剛さんが「OPも歌詞消えてたな」という話から、1曲目の夢傷でプロンプターに歌詞が出てなくて剛さんはもうAメロどっちが歌うかわかんなくて、「ああ俺か」ってなったそう。
・光一さん「あれすっげ~~焦ってたのわかった?」わかんなかったという客席にすげえだろと自慢げな光一さんの図
「プロンプターは僕らの命」だそう。依存どころか命そのものだった。

☆マッチさんのコンサートに行った話
・光一さん「今日思ったよりあっついよねえ!」という声に暑い~!と返す客席。
・「でも外は?寒い?」客\さむい~~~~/「・・なんて言ってるかわっからへん」そっぽ向いて歩き出す。
・剛さん「いやいやいや寒いって言ってるで、普通に結構聞こえたで」
・光一さん「語尾(母音?)が一緒だから・・」
・先日マッチさんのコンサートに行った時に気付いた事があるそう。
・光一さん「俺、MCマッチさんと同じような喋りしてた・・・・」
・剛さんは前の席に座ってたファンの方が「あの衣装似合わな~い」って言ってる事にえらいショックを受けたそう。
・「コンサートってそういうのちゃうやん、この曲は思い出があって~とか、懐かしいとか・・・それを衣装がどうのこうのって」
・いやほんとごめん。ほんとごめん。いたたまれない客席。
・「でも俺らのファンも言うてるって。『あの衣装何色やねん』とか『まーた光一歌詞間違えた!ほら客席にマイク向けた!あれ忘れてるわ~』とか!」
・「ほっといてください!僕たち、「「一生懸命やってるんですよ!」」ハモって怒られた・・・

☆新たな座席の呼び方
・チケットがきて、前の方だやった~!って思ったらケツしか見えへんっていうね、という客席いじり。
・光一さん「そこの席めっちゃ見にくいやろ?そっち側は俺の左ケツばっかり見えるし、こっち(逆側)の席の人は剛くんの右のケツが見れて・・・・合わせたらひとつのお尻になるっていうね
・これすごい真顔で淡々と言い出してすごいおもしろかった。
・天井席に向かって光一さん「豆粒みたいに見えるでしょ、あ~~手を振らなくていいですよどうせ見えてないんで」
・剛さん「今時に言うとチアシードくらいですかね」新たな座席の呼び方が生まれた。

☆ 羽根の話
・「あのさあ、お前んとこめっちゃ綺麗なのにさあ俺のとこなんでこんな散らかってるん」といきなり言い出す剛さん。
・???となる客席を見て「お前それ客席にわからへんから」と光一さん。
・剛「お前のとこはお手伝いさん入ったみたいに綺麗なのに、俺、ニワトリ小屋襲ったみたいになってる・・
・モニターに二人の足元が映る。光一さんの所は綺麗に何も落ちていないのに剛さんだけ見事に羽根まみれ笑
・光一さん「あれじゃない、剛くんもたまには飛んでみればっていう」
・発想が独特すぎてエッ・・・・・・??????ってなる客席
・「飛んでもいいけど脱糞すんで」に客席が笑ってたら、ニコニコってしてた光一さんが「え?なに?」
・まさかの一番近い距離でひとりだけ聞こえてなかったらしい。おもしろすぎる。
・「いやだから飛んでもいいけど脱糞すんでって」「・・・・・・・・・コラー!!!!!!!!!せめてうんこって言え!!!!!!!」
「そりゃ脱糞もするよ」とその足元に散らばった羽根をぺしぺし落とす剛さん。でも全然落ちない笑
・MC後からは高いところへもっといくんだよ~っていう話から剛さん「ほんまナメとんなよ~~」って上睨みながらめっちゃ怒ってた。ヤーさん。

☆マツの話
・光「僕は一昨日大阪入りしたんですけど」「え、ゴルフ?」「‥優雅やな」ふぉゆの舞台を身に行ったそう。
・「白バイの格好してるんやけど細長いドラえもんにしか見えへんねん」
・「でも良い演技しててさ」「えっ・・・・・・・・?あの松崎が・・・・・・・?????」愛されマツ
・滝沢歌舞伎の時にマツが大事な台詞を何しても絶対に噛んでしまう日が続いたらしい時のお話
・でもある日いきなり「おはよー!」って清々しい顔で入ってきたから辰巳がえっどうしたの?って聞いたら「神頼みしてきた!」剛さん「練習せぇ!!!」
・ふぉゆも舞台でバックにいないので、今回は自分達2人しかジャニーズがいないよというお話に
・出演者だけで200名を超えている。ジャニーズがいないということでいろいろな新しい見せ方を考えたと。
・剛さん「全員健さんの親戚なんですけどね」

☆立ち位置の話
・情熱で剛さんが本当は立ち位置合ってたのに光一さんが堂々とした顔で下がってしまった為、アレ?と思った剛さんが一緒に下がろうとしたら結果マーチングバンドさんの通行を思いっきり邪魔になる始末。
・あの右!左!って指さしたらバンドが演奏するっていう演出で、いきなり光一さんが「最近持ってるトロンボーン吹いたらええやん!」と発案。
・剛さん「どう考えても邪魔やん!あれプーが2音くらいしか出ぇへんのに」
「間奏で剛くんのソロ入れよ!?あーーーやばい!!!!思いついてもーーーーた!!!」
・額に手をペチーンとしながら楽しそうにテンション上がり始める光一さん。
・そして次の日から早速伝説が始まるのであった・・・・

☆ブンブブーンの話
・大阪のホテルで初めてブンブブーンを見た光一さん。」
・浅田さんゲスト回で「めっちゃカットされてた。犬小屋すぐできてたわ」
・「あれ大変やったよな」「3分クッキングみたいにギュイ~~~ンってやったら『ハイこちらに~』って出来たやつ出したい」
・あの番組ではよくお酒を飲んでいるよね、という話に。ありがたい事にゲストの皆さんからお酒のリクエストが多いそう。
・光一さん「あれ俺が進んで飲んでるように見えるでしょ!いや、進んで飲んでる時もあるんですけどね」「あるんかい」ありがとうございます
・出川さんの回とか本当に全部がおもしろすぎてノーカットで放送してほしいくらいだそう。

☆警備員さんの話
・いきなり光一さんが「昨日!」と話し始める
・剛「うん」光「‥今日!」剛「ん????どっち????」光「・・・・両方!!!!」
・「え?なに?わからへん頭おかしなってきた」となる剛さん。
・光「昨日!今日!」「なに?俺!お前!みたいなその感じ」
・光「両方!」剛「じゃあ昨日と今日って言って」光「そっか!昨日と!!今日!!」素直か
・昨日今日、2日間連続で京セラの警備員さんに止められたっていう話
・この時すごい「入口~~~~~出口~~~~~~」って繰り返すからぶっこんでくるのかと思ったら普通に話し始めた。なんだったんだ・・・
「あのさ、俺、一応主役じゃん?」って自分で言う光一さん
・リハでたくさんのスタッフさんに囲まれて照明さんにもライト当てられてるのに2日連続で「はい待って下さ~い」って止められる光一さん。
・どうやらその警備員さんは剛さんも同じ人だけど、剛さんは普通に止められないよって言ったらすこぶる驚く光一さん。
「でもさ俺始まる前に髭剃りながらぷい~~んって光一の楽屋行ったやん」
・「何も言われんかった」「それは『剛くんが光一くんの楽屋に・・・・珍しい・・・・』って思われたんちゃう」
・ちょっと待って何気なく話してるけど楽屋に行ったの!!!?????となったけど騒げない客席
・ああできることならもっと聞きたかった・・・・・・・・と思ったら東京でも楽屋行った話をナチュラルにされる私達。

☆キスミスが大好きな光一さん
・今回は達郎さんのライブでドラムも担当されている方がいらしてるという話から、キスミスほんといいよね、と光一さん
・「イントロずっと聴ける、ベースラインも本当いいよね!2時間この歌でもいいくらい」
「健さんの指から煙出てくるな・・・」でフゥ~~って指に息ふく健さん可愛かった!
・剛さんは歌いながら『もーはよ奪えや!君が欲しいばっかりで!』と思っているそう。
・剛さん「きーみがほっしっい♪・・・・・・・チャッチャッチャッチャ!・・・・奪わへんのかい!っていう」
・光一さん「もーお前明日もう歌うのにやめてよ‥」「それを上回るくらいええ曲だから」
・男前な剛さんが見れてハッピー

☆MCと歌の比率について
・結局MCが7分オーバーしてしまい、「2曲ほど削ろう」って言うと客席からブーイング。
・「どっちがいい?曲削ってMCするのと、ちゃんと歌うの」と多数決を取り出したので拍手で答えてると「ちゃう手あげて」と光一さん。
・MCしてほしい派も多くて剛さんが「こんど漫談とか別でしたらええんちゃうん」
・「俺それ嫌や~~歌いたくなるもん」に客が光一さん‥!!ってなったら悪い顔する光一さん。
・「ええ?そう?『いやもーめっちゃ喋ったから疲れた歌わん!はい終わり!さよなら!』って帰りそうやで」確かに。
・結局やっぱり2曲削ろう、何削る?って流れに。
・「ん~~じゃあ、どらごん・ろ~ど」「‥ない」「ならBroken冷蔵庫」「歌わへん」「近畿よいとこ摩訶不思議」「ありませんねえ」「・・・あれ?ないですか?おっかしいな~~~」歌ってくれ・・・・
・じゃあ歌うから立って下さいって言っても全然立たない客席。
・「なんやねん全然立たへんやないか!ちょっ、座れ!1回座れ!」
・「調教師みたいですね~~」と呑気に剛さん。
・おすわり!って言われて客席がご褒美だ・・・ってなってたら剛さんが目の前でグーを作り出し、本気で犬のしつけされる我々。
・光「えっこの曲で踊るんだ、みたいなのもあるんで」
・剛「えっこの曲で紙芝居しちゃうの?っていうのも」光「東京ドームで紙芝居!!!!!!」
・まずここ京セラなんだけどっていうツッコミは置いとく。
・真顔&無言で紙芝居めくりだす剛さんにニヤニヤしてる光一さんの図
・MC明けようとしても全然立たない客席に「福岡の女になれ!!!」と光一さん。
・すぱいらるの時に「じゃあそろそろ曲へ‥立たへんやないか!」っていう流れが鉄板になってきたから、博多でもそれやろかな~って思ったら博多の客はすぐみんな立ってくれたそう。
・「大阪はそうもいかへん!しゃーなしやからな!」ごめんなさい
・「だらだらし過ぎてるから」「ほんまにだらだらしてまっせ‥いつか作ろうや」「!!!!!!!それめっちゃおもろい」
・ふたりも客席もカメラも照明もみ~んなだらだら・・・・・・とするそう。光一さんすこぶる気に入ったようでめっちゃ笑ってた。
・まあ好きにしてくれたらいいよっていうまとめで終了し、いざ曲がはじまったらしっかり立ちだした客席に光一さんから「ちゃんと立ってくれるじゃん!ありがとう!!!!!!!」

☆アンコール後の挨拶
・高い場所で後ろにもたれかかってしまう話から光一さんが「倒れるだけで腹筋ワンダ~コア~~~~♪」みたいやったなという流れ
・光一さん「高い所からみなさんの顔を見たり、見なかったりしましたが・・・・・・・・・・・特に何にも思いませんでした」
・「俺でも怖かったから、剛くんは死ぬ思いだったでしょう」「何言っても許されるなら、ふざけんなボケです」「言ってもうてるやん」で笑顔。可愛かった~!
・「約束します!」ってズバッと言った後光一さんちょっと黙って。えっ…??って期待にザワつく客席をしっかり眺めてから「活動が多くなります」って言って拍手をあびる流れ。
・からのすぐに剛さんの「多くします」とハッキリ言い放った力強さは忘れない!

【12/20 京セラドーム】

☆カウコン話
・剛さん「4時ということであまり身体おきてない堂本剛です」
・光一さん「やっとKinKi Kidsになりました、ご無沙汰しております」
・会場は暑いけど外は寒いよね~っていう話から、光「グッズ並んだの?・・・・欲しいか?そんな」
・剛「いや欲しいから並んだんでしょ、ただ並んでるって頭おかしいやん」
・だんだん年齢層があがってきてますからね!ジェロマも疲れるよね!という話に。
・カウコンで他のファンの皆さんがいる所ではやっちゃダメ!と光一さん。
・「恥ずかしい!KinKiのコンサートの時はいいけどよそゆきはダメ!」何でそんなに・・・
・本当に光一さんが嫌がるので剛さんが「結束バンドとか何かで絶対動かへんようにしたらええねん」光一さん「他の所に行ったらそのペンライトめっちゃ重なんねん。持ち上げられんようになってんねん」なにそれ
・剛さん「・・・・イヤみたいなんでやめましょ」甘い!相方に甘い!
・光一さん「メドレーやるらしいで、新聞で見てん。トニーのやつがしくじるかどうか!トニー毎年しくじんねんな」
・光「いやほんと暑いね~」剛「誰かでっかい屁ぇこいたんかな」

☆席いじり
・光「全部一律料金でやらせて頂いておりますのでよろしくお願いしま~す」剛「ワイドショーに出てくるインタビューのじじいみたい」光「はいいつものネタ完了しました~ありがとうございました~」
・天井席の方々の事を光一さんが「スタンドの奥の豆粒の人」って呼んでんの後からジワジワくる‥
・MC長い方がいい?って今日もアンケートする光一さん。拍手がおきて「お前ら何しにきとんねん!!!!!!!!!」
・「そしたら曲削らなあかん、イントロ始まったと思ったらすぐアウトロになる」
・え~~という声に「ワッッッッガママな娘・・・・(客席を見渡し)娘じゃないな」
・MCも長くして欲しいし曲も歌って欲しいというファンの要望に対して「女の子やからしゃーない」とまとめ方をするきっずさん達。
・光「まあその我儘を叶えるのが僕たちですから‥」\フ~~~/剛「いやフーってさっき散々な事言ってたやん、すごいな何なん、催眠でもかけてんのか
・その後に剛さんが「女の扱いに慣れてらっしゃる‥‥」ってちょっとイヤミ含ませて言ったらちょっとだけ固まった後に「ま~~~~ね!!!!!!」と返す光一さん

☆トイレの話
・女の子やからしゃーないよね、っていう話から突然光一さんが「なんで女のトイレってあんなに長いん!!!???」と怒りだす。
・「まあ、僕は?トイレに行かないんですけど」って久々のトイレ行かないネタ披露したら剛さんに「あ、もう遅くなるんでいいです」ってぶった斬られてて笑った
・女の人のトイレが遅すぎてトイレの扉の前で震えるらしい光一さん。「バスケ部みたい」って言いながらやばいくらいめっちゃ膝が震えてた。
・剛さん「ホルモンバランスとか、あれやろメイクのお直しやろ。まあトイレでメイクお直しした所で絶対バイ菌ついてるで。絶対ついてる。絶対。ぜっったい!!!!
・さっすが剛さん女子の事わかってる~~~って思ったらバイ菌扱いされた。
・トイレの壁にたまについてるよね話。
・光「もう入りながらやってんねんてあれ、ぶりーんって」剛「こうやって座る時に、バズーカでドーン!!!!って」
・それに対して光一さんが爆笑。「あーーおもろ!!!!・・めっちゃわろてるの俺だけやで」
・そのトイレ話の効果音が「ぶりーん」でずっと「ぶりーん!ぶりーん!」って言うきんききっず、来年37歳になります。
・化粧直しの話から「KinKiに会うからおめかししてきたって人~~~???」\ハイ(ちらほら)/
・光「・・・・・・ごめんもうちょっといてもいいんちゃうかな!!??」
・剛「(手あげる人少なさ過ぎて)淡路島見えたな」
・光一さん「大丈夫ですよ見てないですからって!言いたかったの!全然やんけ!!!!!!もうちょっとおめかししてこいよ!」剛「俺もくるかな~思って構えてたけど、全然やったね、全然向こうまで見えたね」
・いや結構おめかしバッチリ皆してきてるけどそんなハーイって手を挙げる年齢じゃない事に気付いてほしい‥ファンに夢見すぎて傷ついてたきっずさん達。

☆警備員さんストップ
・「警備員ストップ、今日もありました!!!!」と手を挙げて報告する光一さん
・「止められた瞬間にやったね!!って指さして言った!」
・しかし、昨日この話したからネタで止めてくれたと思ったら案の定その警備員さんはMCを聞いておらず「・・・?」ってリアクションをされたそう。剛さん「頭やばい奴きたと思われたな」
・剛さん「俺ぜんぜん止められへんで、長しそうめんみたいにサーッって。つゆの中ぽっちゃ~~って」光「・・・そんなに普段の俺って・・・・・」剛「まあ、テレビで見てる姿とかとは違うよね」光「僕は王子なのに!?」剛「あなたのDNAでそう思ってるだけかもしれんけど」
・剛「(テレビで見てるのとオフの光一さん)イメージちょっとちゃうもんな、ジャージ上下でフードかぶって‥材質見てんのかなって」光「あ、見てる見てる」剛「見てんのかい」
・「そんな格好して材質見て歩いてたらそら止められるわ」厳しめ

☆情熱のトロンボーン
・本日から情熱で本当にトロンボーンを吹くことになった剛さん。
・昨日MC中に案が出てから今日の朝のリハでどこから出すのかとかを光一さんと軽く揉めたのが後からすごいおもろくなった剛さん。
・剛さんは「後ろからでええんちゃう」って言ったら光一さんが「いやそれやったらさー、時間かかるやろ(ちょっとキツめ)」「いやでも‥」みたいなピリッとした微妙な空気が流れたそう。
・結局本番では後ろから指揮の方が持って来られていたので剛さん案が通ったっぽい。
・剛さん「ダンスの位置がとかじゃなくてキーボーン出す位置の話やからな、しょーもない事でめっちゃ言い合ってたよな」
・うわめっちゃモメたな~って楽屋戻って剛さんが考えてたら、スタッフさんがと「お笑いって・・・・・・真剣なものなんですね」と突然言ってきたらしく「?」ってなったら別の場所でトロンボーンのカメラアングルについてカメラマンさん達も「これじゃ笑いにならん!」って軽くモメてたとのこと。
・このくだり光一さんずっと黙っててすごいおもしろかった。
・剛「いやでもトロンボーン吹くの人生で5回目やから」光「あなた上手くなりすぎてんねん!!!!なんであんないい音なるの???」
・正直音程なしでブーーーって吹いただけだったので、どこをどうとっても過剰な程に褒めすぎだと思った。
・散々ベタ褒めした後にもっかい吹いて!と裏から持ってくる光一さん。
・FNSの時もずっと吹いてたらしく、光一さんは隣の部屋で取材中だったらしく「めっちゃうるさかった」剛「光一の窓に向かってプゥーーンって吹いてた。音がF1っぽかったし」光「まさにF1の取材しててん!」ツッコミ所がおかしい
・そして実際にもう1回吹いてみる事になった剛さん、先程はしっかり音が出て光一さんにベタ褒めされたのにまさかの「スゥーーーーーーン・・・・・・・・(不発)」で顔を手で覆う。光一さん爆笑。
・2回目もスゥーーーって不発で、3回目でしっかり音が鳴って拍手。
・「やりすぎて唇腫れる‥穴子さんになる・・・」←光一さんに拾われず
・そのままFNS話。リハの時に衣装とかカメラワークのテストを携帯で撮るらしく、浜崎あゆみねぇ(って呼んでた)の時にも吹いていたそう。
・「マ~~~~リアッ\プーン/」「と~~~~きにっ\プゥーーン/
・スタッフ「剛さんちょっとやめて下さい」剛「あじゃぱーーーーー(額に手を当てながら)」
・そんだけ話広げといてトロンボーンが自分のプレゼントだって最後まで言わずに「東京では今日OAでしたけどね、大阪はまた今度放送ありますから」と教えない光一さん。
・光一さん「いやでもお前が持ってるのほんまおもろい」「俺がもっても全然おもんないねん」「あなたが持ってると真剣じゃないのがわかるよね」「ちょっと持って~」→持たせる→ひとりで大爆笑の図
トロンボーン持つともれなく爆笑してくれる光一さんに対して「ええおもちゃもろたわ~~~~♪」とご機嫌の剛さん。
・FNSでずっとAKBに合わせて「あいうぉんちゅ~\プープープーー/」って吹いてたらスカパラを始めいろんな方が見に来たそう。
・剛「『あのええ音出してるの誰や‥』って思ったんかな」光「違う違う屁ぇみたいな音出してるからや」

☆歌にいけない
・ここまでで既に37分くらい喋ってて、初めてKinKiのコンサートに来た人はびっくりするでしょうね、って話に。
・光「あいつらMC始まって最初の話題ウンコやで!!」剛「ほんで何もなかったかのように歌いあげて、頭おかしいんちゃうか」
・MC喋りすぎて歌いこか~って言っても立たない客席に→光「座っとく?立ちたいの?なんやねん!!!いいです座ってください!おすわり!!!おすわり!!おーーーすわりーーー!!!!」
・剛「調教師入りましたねぇ~~」
・最終的に「いい?(歌に)いって」って客席に許可とる図。なにこれ笑
・ブラス隊が戻ってこられた時に「ほら全然おもんないやん」って思わず言っちゃった光一さん。めっちゃ失礼。笑
・「MCは休憩じゃないからね!!!???」ってすごい言われてようやくどっこいしょと立つ客席。

☆挨拶
・剛「今年の中頃からいろいろと話し合っててね、霧が晴れる事も晴れない事もあるけど、うるさいボケカスハゲってね」光「!!!!誰がハゲや!?」剛「あなたに言ってないです、おかしいでしょボケカスハゲって」光「誰がハゲや!!!???」剛「いやこっち(客席)に言った」
・私らも別にハゲてはないはず。
・光一さん「何か言い残したことある?」剛さん「4時て・・・・・」
・光一さん「今日、このコンサートで何が言いたかったというと、歌ったり言葉で何か伝えたりとか、長いコンサートを通して何が言いたかったかというと、シングル、もう1枚ずつ買って下さい(お辞儀)」剛さん「え~~~~まだ買わすの~~?」
・アンコール後はける時に剛さん「おおきにぃ!おおきにやでぇ!」光「うわやめて寒い」剛「ウチ、大阪忘れてへんでぇ!たこやきやでぇ!とんぺ%&(噛んだ)焼きやでぇ!」光「ちょっと言えてへんやん」

 

【12/31 東京ドーム】

☆18年間ドームでやってきた話
・剛さん「こんにちは~~~」光「・・・こんばんはちゃうの?」「いや9時過ぎから動いてるからさ」
・18年間東京ドームでやり続けているのに、未だにカウコンとKinKiコンが別なのを世間一般は知らない人が多い!という話。
・「頑張ってな、カウントダウン(肩ポン)」「ちゃうねんKinKiもやってんねん!」「あーそっかそっか!」っていうのが未だにあるそう。
・光一さん「KinKiKidsあるあるやな」世界で二人限定。
・光一さん「中にはそれこそ18年間通い続けた人も・・・・・(ペンラを振るお客さんを見ながら)何考えてるの!!!!!!??????いいんですかこんなので!そりゃ俺も昔は王子様だった頃もあったけど!?今はキラキラの服を着た変なオッサン!!!!」剛さん「いいキャッチコピーですね」

☆カウコンの話
・通し稽古にヒガシさんが来ると自分達も行かなきゃいけないから「ヒガシさんあの~~‥来ないで頂いてもいいですか」ってすごいお願いをしに行った光一さん。
・「いや行くよ。何なら俺は朝7時には起きてるから」「そうですよね〜〜〜〜っっっ!!!!!」って返したそう。「パリッとしてた。東山パリユキさん」
・カウコンは朝からいろいろリハとかやってたってことで、「いや~~でも・・・朝のあの感じね、・・・・・すごいよね・・・・」朝だしリハだしみんなキラキラ別にしてないよ的な感じで話してくれたらすかさず「そういうのあんまり言わないほうがいいんじゃない?」と光一さん。どの口が。
・カウコンとKinKiのグッズ同時発売だったから物販がえらいことになってたらしいねという話。
・光「KinKiのぶんとカウコンのやつ一緒だったの?『え~~やだ~~あんなオバサン達と並びたくな~~~い!!!!!』って思われてんちゃう」
・剛さん「ごちゃごちゃして混ぜご飯みたいになるね」

☆見える見えないの話
・ケツ見席いじり。光一さん「上手人は僕の左ケツを。下手は剛くんの右ケツを見る、合わせてひとつのお尻になるっていうね」剛さん「その為にエステ行ってるからね、右だけホホバオイル塗ってます」
・天井席に向かって光一さん「36年間、このサイズでやらせてもらっております!!!ゴマ粒で見えております!!!」剛さん「何の業務連絡?」
・光「外周では見えてるんですよ!見てないですけど!」の後に「おれ絶好調!!!!!!!!!」
・剛さん「皆さん何年メンタル持つかですね」
・光「見てる見てないじゃないんです、感じで下さい」剛「遠距離恋愛と一緒ですね、離れていても…」光「わーーーーーーーーーーーーーーお(この言い方がまた)あれですね、えんきょ~り~れんあ~~い♪」とスワンを歌い出す光一さん
・剛さん「ラスベガスのコメディアンみたい」
・光「こんなこと言っても拍手をくれるあなた達は暖かい!信頼関係があるからこそできますね、まぁあなた達の事知らないんですけど(真顔でバッサリ)」
・剛「いやいやいや」光「だって知らないじゃん!!!!!!」客席を指さして剛さんに訴えかける光一さんの図
・光「いやでも感謝してるんですけど」剛「全然気持ちこもってないやん、情緒不安定やんか」
・男性客も多いという話で男性客からの声援を受けて「せいこちゃーーーーーーん!!!!!!」「大丈夫です。聖子ちゃん大丈夫です。聖子ちゃんいないですから。」とバッサリ剛さん。

トロンボーンの話
トロンボーンについて。本日の情熱では微妙な感じだった事から「大阪では音が出すぎてね」と剛さん。
・光一さん「いい音出すぎて・・・いやキーもクソもないけどプワーっていい音は出てたね」甘やかしが過ぎる
・練習してるの?と聞かれしてないです、って答えた剛さんに対して「あのさ、どうなりたいの?トロンボーンどうしたいの?」ってめっちゃ突然の真剣に質問し出した光一さん
・え?どうした?となる会場と真剣に剛さんが「ファンクもやってるしやっぱりやるとしたらTB、トロンボーンかな」と返すと「あ、そうですか」で終わらせる光一さん。
・え?なに?なんだったの?
・光「僕が買ったやつ自分のカード切ったから。確定申告するでこれブンブブーンですって」剛「冷静になると…何であれ買ったん?」
・光一さん「いやいや!ラブラブ愛してるから音楽番組を~~(また突然の真剣早口~~)まーおかしいことに当たると似合う貴方にいった!」「あれを料理した俺のスキルですね」
・あれもっと聴きたい、とまた光一さんが自らトロンボーンを取りに行く。
・プゥーーーって普通に音出した剛さんに対して「ええ音ぉ!!!!!!!」
・そして何かを吹き続ける剛さん。吹き終わった後にパッと光一さんに何かを伝え、それに笑う光一さん。
・光一さん「いまわかった?吹き終わった後すごい顔で『stay with me!』って」わからへんわ
・俺これ独学やから!いつかコーラス隊に入んねんって言いながら剛さんがまた吹き出して、ずっとジトーって半笑い横目で見てた光一さんがマイクを差し出すまでの流れほんとおかしかった
・シクレ前奏を吹くも全然ダメで、しまいには剛さん「音って心やから」と言い出す始末
・try!tryだよ!と光一さんの謎プッシュによりシクレのサビを歌った後吹くハメになる剛さん。
・「が~んじ~がらめの~あ~いだっていい~~♪\スースースー(不発)/」
・剛さん「ファミコンのカセットの裏みたいやったから・・・・」

☆FNSの話
・光一さん「FNSで持ってた時何だろって思ったでしょ?剛くんギターもベースもピアノもするし、次はトロンボーンなんだぁ☆って!思った人もいたんじゃ」さすがにしこまではいない
・FNSの浜崎あゆみ姉さんの時にトロンボーン吹いた話をまたここでも。光一さん実はそれちゃんと見ていたらしく、「俺ねそれ見てたんですよ、もーーおっかしくて!言わんでいいかな、俺言わんとこ~♪ってしてたらスタッフが言ったからさ」
・吹きすぎてsnow!~がすごい歌いづらいという話を剛さんがしているとパッと光一さんが剛さんの顔を見て「なんか唇腫れてる」とゲラゲラ笑いだす。吹かせたのはあなたです。
・「そうなんですよね、ブラス隊ほんとすごいよな~終わった後は鼻見えないもん」光一さん「・・・・・(唇が)腫れてね」よくわかったね!!!????
・「っていうかあなた普通にsnow!~歌う事ネタバレしたよね」と光一さん。「ネタバレめっちゃ嫌やねんて、ファンの人」ソロコンの時めっちゃキレられた話をしてくれた。
・剛「いや歌いますよ(真顔)」光「ハッハッハ!!!!」
・剛「貴方達に歌うこの曲は今日しかないんですよ」光「うわーーー!!すごいーーーーー!!!!!!今度つかおーーー!!!!」
・ネタバレをやめることはやめないらしい。
・どらごんろ~どとか冬のペンギンも歌うよっていう流れから、冬のペンギンというタイトルが何か引っかかる剛さん。「なんか、夏の・・・・冬の・・・・・・ってならない????」「わかるよ」
・えっわかるの!!!!!??????と思わず声に出して驚いた。全然意味わかんなかった。
・すごいタイトルが多いよね、っていう話に。「5×9=63とかもすごいよね」「あれは・・・もうね・・・」歌ってくれー!

☆いろんなハプニング
・大阪初日にフラワー歌った後に「うわめっちゃ喉乾燥してるやーん」と思ったので、2日目にフラワー後に水を飲もうとしたらしい。
・そしたら水を飲むやつがストローにビニールを丁寧にかぶせてあって、それをとるのにすごく手こずってしまったそう。
・イヤモニから「光一くんはやく移動してください」と指示をされるも「うっさい!!!」ってなりながら飲もうとしたけど取れなくてえーい!このまま飲もう!としたら小さい穴からピューーーーーって喉にピンポイントで水がきたそう。
・剛さん「例えこの世が滅びても・・・」光一さん「俺が滅びるわ!!!!!!!」
・いろんなハプニング期待してるでしょ、絶対に言わないですけどね!と光一さん。
・しかし31日キスミスで剛さんがサビの位置移動忘れて光一さんだけが剛さんの周りをぐるぐる動くという事件が発生。
・光一さん「なんでお前動かへんかったん?とりあえず俺動いてみたんやけど」
・剛さん「バス停で止まってたら大道芸人が『Hello~』ってやってきたみたいやったな」自分のせいなのに‥

☆アラーム
・9時入りがとにかく眠かった為、開演前に珍しく剛さんだけでなく光一さんも仮眠したそう。
・光一さん「俺さちゃんとスケジュール組んでんねん。そんでそれ通りにいくようにアラーム設定してたんやけど、マネが3分前に起こしにきよって!!この気持ちわかる!!!???」
・家で寝てたら母親に起こされるあの感じ!「目覚ましなっとんで!はよ起きや!」「ちゃうねんこっちはスヌーズしとんねん!!!!スヌーズ!!!!!」ってなるやつ!!とめっちゃ怒る光一さん

☆立つ立たないの話
・光一さん「どうします?立ちます?立ちません?どっちでもいいですよ?立ってみます?」剛さん「何でしょう、この静止画感」
・光一さん「何やねん!!座れじゃあ!!!あーーーカウントダウンの声援楽しみやなーーー!!!!!俺らのファンじゃない人達の声ーーー!!!!」剛さん「周波数がまず違うもんね」ひっどい
・KinKiのファンは見て聞くことを大事にしてくれるもんね、とソロコンでお馴染みのポカン顔を披露する光一さん。
・アンコールもなかったら出てこないよ、と言う光一さんにえー!?となる客席。
・剛さん「そらそうですよ、呼ばれてないのに『いやほんとにね~』っておかしいでしょ」

☆挨拶
・剛さん「2016年は最高の恋愛をしましょう」光一さん「思うのは自由ですけどね」
・アンコールでの挨拶。「大晦日にKinKiを選んでくれたことがありがたい」と光一さん。
・京セラに比べて気球が高い高い!と驚く光一さんに「高くなるよって言われたけど知らんわボケっていう」と怒る剛さん
・そしてワンダーコア話も。「アニバーサリー歌ってるのにワンダーコアでシメるっていう‥」「そもそもCMやってませんしね」
・カウコンはKinKiの時だけ健さんをはじめバンドやダンサーさんが出て下さるとの報告が。
・剛さん「いいって言ったんですけどね~~」光「いやこちらからお願いしたから」
・明るくなった客席を見て「このくらい明るいと、何かイヤですね」と光一さん。
・剛さん「近未来のきみまろみたいですね」なにそれ笑
・自分がきみまろ系に分別されているのをテレビで見たらしい光一さん。「っていうか毒舌って流行ってんの?」流行ってはない
・「何が言いたかったというと、感謝を述べたわけです」「大感謝セールね」
・20周年の約束の話で「KinKiの活動は例年より多く、皆さんと共に過ごす」と言った後に「悪い大人たちとねいろいろあるけど頑張ります」と剛さん。
・「まあ俺が一番悪い大人なんやけど~~!!」と言いながら膝をめっちゃ揺らす光一さん。
・剛さん「膝にスプリングめっちゃ入れてるな」
・約束は破る為にあるんですよ、と笑う光一さんに「いちまろさんがそう言ってるから」
・他に言い残した事は?と光一さんが聞いたら「膝が爆発した‥」と雨メロで痛めた事を報告して下さった剛さん。
・でもカウコンではちゃんと踊るよ、みんなが好きな曲もあるからねと。
・光「果たしてトニーのやつはまたしくじるのか!?8時半全然こーへんから」剛「オッケーGoogle♪って言ってくればいいのに。第三倉庫、オッケーGoogle♪」光「果たしてたどり着くのか」剛「いや歌変わってしまうから。しくじるし辿り付かへん。」
・「ひとつ言っとく、ジェットコースター・ロマンスは歌いません!!!!!ハッハ!!!ざまあみろ!!!!!!」とすごい嬉しそうに報告する光一さん。
・「snow!~は歌いません!」とのっかった後に「あばよ~~~~~っっっ!!!!」と去っていく剛さん。


【1/1 東京ドーム】

☆カウコンと今の客席について
・最初の挨拶で「37歳になろうとしてもまだなれない堂本剛です。37になったら空に向かって『なったな・・・・・』と呟いてみます」
・光「18年間ドームで公演をやってるんですが、歴代NO.1らしいですね」剛「違います、ナンバーワァン(発音すこぶる良い)です」光「・・・あんま変わんない」剛「ナンバーワァン」可愛い絡み
・光「カウコンはね~すごかった、黄色い声援が!」\キャーー(精一杯の黄色い声)/光「ハイ無理しなーーーーい!!!ぜんっっっっっぜん無理でーーす!!!」\キャーー/「ぜんっぜん無理でーーーす!!!!!」全然無理って笑
・光「まず!!!!!!光景が全く違う!!!!!!」剛「まず日本の四季で捉えるとね、四季折々あるじゃないですか」光「カウコンはカラフルで~夏っぽい、ポップなんですよ。今は・・・・・・・・・・・・・秋」剛「紅葉、和菓子・・・・・・みたいなね」
・冬じゃないんだ、まだギリ秋なんだ・・・・っていう
・光「毎回こうやってdisってますけど」剛「え、ちょっと待ってdisってたん?ネタとかだったら止めないんですけど、disってたんですか?」光「皆さんへの感謝!信頼!関係性が!あるから言えるんですよ!!!・・・これ今日初めての人はこれから慣れて頂けたらなと」剛「人間慣れですからね」

☆楽屋の話
・「そう俺今日初めて窓がある楽屋になりました!!!!」と手を挙げて報告する光一さん。
・剛「あそこいつも空いてるんちゃうん」光「いつもはふぉ~ゆ~が使ってんねん」剛「チッ・・・・・・・・(舌打ち)あれ毎年光一の部屋にした方が良いよ!俺がしてあげる!!!!!!」優しさ胸に抱きすぎでは‥???
・「俺なんでいつもあんなに狭い部屋にいたの?」と疑問を持つ光一さん。前のマネにお願いしてもそれはちょっと御免なさい、って断られたそう。
・剛「それはそのマネが仕事出来へんからや。俺がマネやったら窓ある部屋を光一に提供するよ。もしくは窓をこう(両手で窓のフレームを持つジェスチャー)持つ」いやだから優しすぎるって
・光「窓があるから心が広くなるね!オデコも広くなる」剛「いやオデコはいいよ」

☆カウコンの話
・光「今年もトニーの奴がしくじったな~~!!」剛「1年間もチャンスあったのにな。スマホとか持たないんですかね、地図とかで行くタイプなのかな」
・光「俺らの『やっちまった事件』もあったしね」剛「硝子の少年ね、もしかしたらOAのってないかも」光「俺ね、チェックしたんですよ・・・のってました!!(指さし)」
・「いやもうさ言い訳っぽく聞こえるかもしれんけど~」きんきの時とカウコンで尺が違うから混ざった事を早口で伝える剛さん。
・ふたりしてカウコンでタイミング間違えてstay with meを歌い出しちゃった『やっちまった事件』。
・コソコソ話の真相は「出だし歌った?」「うん歌った。お前も?」「うん」「あぁ~・・・・・(落ち込み)」だったそう。かわいい。

☆やめピュアの話
・きんきとカウコンで尺が違うということで、やめピュアで光一さんがラストサビの時に立ち位置を二人で逆転しないと駄目なのに動かずそのままでいた
・普通に移動した剛さんとだだかぶりに。
・剛さん「『うわ眩しい壁ぇ~~~~!』って思ったわ。ファ~って移動したら(前に)光の壁いるし!向こう空家になってるし!」
・光一さん「いやぁ今日やったらダンサー近ぇな~ピンめっちゃ俺に当たるわ誕生日やからかな?って」
・剛「一番可哀想なのは向こうのダンサーやろな。『うわ二人ともあっちにおる~前誰もおらへん~』」

☆お年玉の話
・「年男もさああのカット割り悪意あったわ。今年の年男で~すって映った後に俺らポンって抜かれたやろ」光「ああ~~~去年の中継なかった二人で~~す」剛「いやぁ悪意あるわぁ・・・」
・ファンの数億倍レベルで本人達の方が年男なかった事をすこぶる根にもちすぎててすごい笑った。
・剛「ほんとに岡田が細くなったんでびっくりしました」光「ぺらっぺらやった」剛「初詣で会った時は普通になってた。なんかいきなり『お兄ちゃん、お年玉くださいよ』って言ってきて『ハァ!?』って」
・この時「めっちゃ後ろ近くまできて~」って言ったらすかさず光一さんが「誰?岡田?」「うん」「あぁ」って確認入れてきたのすごいおもしろかった
・剛「なんでお前にやらなあかんねん、って言ったら『お兄ちゃんみたいなもんじゃないですか、お年玉くださいよ』って。」光「アイツ稼いでるくせに~~!!!!!」
・「しゃーないなって渡しましたけど」「東山さんから貰った1万円をそのままやったんにゃろ」「いや俺そういうとこちゃんとしてるから」ここ笑った

☆お誕生日会
・既にMC18分経過した所で「あ、座らせんの忘れてた座っていいよ」と言う光一さん。
・剛さんがじゃあそろそろ・・・・ということでお誕生日会のはじまり。
・光「サラッとでいいですよ」剛「今年はねシンプルに考えました、いつもみたいに二次会ムードはまずいんで」
・出演者全員出てこられて剛さん「みなさんいですか~位置についてます?僕のアレどこにあるん」→Pボーン登場→光「今日のアレ(情熱では不発だった)酷かったで・・・・・・・・シカトかい!」
・光一さんガン無視して準備する剛さん。光「剛さん、剛くん、俺どこにいればいいねん・・・」
・完全無視されて「あかんもう一生懸命になってる」とニコニコして大人しくメインステ正面の所で正座する光一さん。
・盛大なるハピバソングが奏でられ、最後の「to you~♪」のyou部分が剛さんによる「プウウウゥゥゥ」演奏→じゃーーんでシメる。
・終わった後に光一さんの一言目「・・・・・・・・以上?」
・剛「すみませんわたくし、ケーキ出すの忘れていました。音思ってたのと違うしもう1回やってもいいですか。すみません恥ずかしいと思いますがその旗も閉まって頂いて」
・「祝光一」と一文字ずつ書かれたフラッグをくるくる戻してもらうハメに。「プロの世界でもう1回とかあるんや、って思うよね~」と笑う光一さん。
・そして今年は結構シンプルめなケーキが登場。いくつか消えていた火を主役自ら付け直す図。
・そして2回目演奏するも、まさかの不発。「ハイ消してーーーー???空気変やけど消してーーーー?????」
・今までで1番豪華やな(全員で演奏)としみじみ感想を述べる光一さん
・すると剛さんからのプレゼントの登場。大きい赤い袋が登場し何かを察する光一さんと客席。
・「中々探すの苦労したぁ~~~~~」と言う剛さんの声に開けながらもうわかりきってる光一さん。
・嫌な予感が当たったー!と手にしたのは色違いピンクのPボーン。
・剛「せっかくなんで、新年書き初めあるじゃないですか、・・吹き初めを」さっきの自分のyou~♪の所を光一さんに吹かせようとする剛さん。
・光一さんがセッティングして練習でまず吹こうとした瞬間「あっ!!!!!練習しちゃダメですよ!!あなた散々俺にいろいろ言ってきたでしょ」
・剛「お揃いの黄色探したんですけどね~~すみませんねオカマみたいな色になって」
・you~♪で光一さんが無事に音が出ていい感じにシメた!と思ったら笑いが止まらない光一さん。
・そんなに楽しい?嬉しいの?と思ったら剛さん「甲高い屁じゃ」
「完w全にww屁wwwwwwあーーーおもろwwww屁やwwwwwwww恥ずかしいwwwww音出たwwwwwwww」ってPボーン吹いて嬉しいとか楽しいとかじゃなくってもう自分が鳴らした音がオナラだからって理由で永遠に笑いまくる光一さん。
・思ったよりいい音なったじゃーん!って拍手してた客席置いてきぼりで二人でめっちゃ笑ってる。
・何回か吹いてゲラゲラ笑う光一さん。「どーすんのこれから2人でこんなん持って!」剛「そう思ってねもう1つあるんです」可愛らしいウサギのラッピング袋が登場。
・袋の中から一番に新聞紙を取り出した光一さん。「それ違います膨らませるためのやつです」「今日の日付や」
・取り出しても取り出しても新聞紙がめっちゃ出てくる→ポイポイ上に投げて自分の頭に当たる見事な流れ。
・光「まーーーじかーーー」と声と共に出てきたのは『超入門トロンボーン塾』の本。
・剛さん「1月か2月SHOCKするでしょ。その合間に『ファン・・・・』って」「やらへん」「何か有名な台詞ないんですか、安心してください履いてますよ的な」「・・・何があってもショーは続けなければならない(ちゃんと返す)」「何があってもショーは続けなければならない、プウウゥゥン」
・貰った本を読みだしてあんまり聞いてない光一さん。
・「トゥートゥーとまず口に出してそのあと声を抜いて・・・」と声に出して読みだす光一さん。
・練習しだす剛さん「トゥー・・・トゥーー・・・」光「いやそれもう声やん!!」「え?」「声抜かなあかんねん」
・ん?ってなる剛さんに代わり、見てろよといわんばかりに光一さんがスタンドマイクの前に立ち吹きだす。
・光一「トゥーーーーーーーー・・・・・・・」剛「わしと同じやないか」
・光一さんの肩あたりに肘でコツンってしてたのすこぶる可愛かった・・・・・
・「これ来年のKinKiライブでやったらええんちゃうん~」「え~まじで~」キャッキャッってしてたらふと光一さんが気付く。
「今KinKi Kidsの一番ダメな所出てるよ~~~~みんな放置してる」剛さん「あら?」
・自分で新聞紙やらラッピング袋を全部片付けだす光一さん。「オッケー!」
・出演者の皆さまに拍手をしていると突然「なっ何奴!?」とケーキなどを片付けにきたスタッフさんをドンドン突っぱねる剛さん。
・「あっスタッフさんや・・・忍者かと思った~っていうかノリめっちゃええな」
・ラッピング袋などはお返ししてPボーンだけを手にしたままの光一さんがまた吹き出すと、「あっいいやん!いいやん!!!」ベタ褒めする剛さん。

☆見学席
・まっすー、ふぉゆ、ぜいぶどーなど結構大人数が見学席に。
・光一さん「出もしないのに風呂に入ってた松崎。ケータリングからも水4本持って帰ってた。『これで4日生きられる~~~~』って」剛「えっ1日1本なん!?4日‥」マツ「サーセン
・座って良いよ~って言われて座ろうとした瞬間剛さんがその椅子のどれかが爆発するようになってるよ、ランダムやから分からへんねんとまた適当に言い出すめんどくさい先輩きっず。
・剛さん「座って良いよ、座れるもんなら」
・まっすーが椅子を畳んでシャキッっと気をつけをする(流石)それに習い皆畳みはじめる見学席。
・やまりょはチラッと後ろを見て畳もうとしたけどや~~めたっって途中でやめて前向いてたのすごい笑った。

☆応援ソング
・45分喋った所でそろそろ歌に~って言ったけど全然立たない客席。
・光一さん「すごいねいつもはそれでもチラホラ立つけど今日はほんまに立たへんね」
・大阪のおめかしアンケートの話を「ほんまあれおもしろかった」って紹介するふたり。「せーへんのかいっ」「ちょっとはせーやっていう」
・今回の応援ソングを光「すごく突き放す応援ソングになってます・・・しょうがないっ!っていう」剛「居酒屋ですよね」
・剛「飲みながらね言う感じですよね」という話から「そんな事言ったって~~しょうがないっ!」「泣きたい時には前を~向いて泣けっ!」っていう酔っ払いコントが突然開催。
・座ってみたい人~?ってアンケートもとり剛さん「それは30年後とかにね、ディナーショーとかで」
・Pボーンええの?と剛さんが聞いたら「次の曲も持って歌おうと思って」とサラっと返す光一さん。ひいい‥

☆挨拶
・光「剛くんから何かありますか」剛「何か~~~~・・・・高いよね(気球)」光「あなたよりはマシやけどあれは怖い!降りる時が一番怖いよね、わかる?」剛「うん」
・久々に光一さんのわかる?が聞けた気がした。
・ドームもそうだけど今年は様々な場所で皆さんと過ごせたら、とお話する剛さん。
・「僕が喋ってる間に走って帰ってる人もいますけど」「電車やな」「もしくは強烈な尿意かどっちかやな」
・剛さん「これからも皆さんの母性で包んで頂けたらなぁと」光「俺いらないから。剛くんだけ母性で包んであげてください」剛「じゃあ光一さんは、百貨店の包装紙とかで包んで頂いて」
・だから優しさを胸に抱きすぎている‥
・来年はいろいろ話してはいるけど、何が起こるかはわからん!ほんまに!と言う光一さん。
・剛さん「光一派、剛派とか、そんなしょーもない事は止めて下さい。KinKiKids派でいい。今団結していろいろやろうとしているから、皆さんもシンプルにKinKiKidsを愛してください。」
・すると突然「でも新聞に紅白とかあったけど。実現したらココ(東京ドーム)でやるの最後やで」と光一さんがぶっこむ。
・剛さん「何?」光「剛くんは紅白に意欲的って書いてた」剛「ハァ!?お前まだ新聞信じてんの!?聞かれたからそうですね前向きにって答えただけで何も・・・・・メディアより俺を信じろや!!!!!!
・それに対して、光一さんが「俺は事務所次第ですねって言いました~」って笑って返したら「俺やってちゃんと枕詞で付けたよ、聞かれてそうなったら嬉しいですねって答えただけでそれを大きく過剰に書かれただけ、新聞なんてそんなもんやろ」ってすごい早口に。
・このやりとり本当に本当にすごい良かった、本当に素敵だったので入ってほしいけど無理そうかな~
・剛さん「バカボンのパパでもあるじゃない、『それでいいのだ!』」光一さん「ゆっる」
・剛さん「それでもごちゃごちゃ言う奴はそこに並んで下さい、ビンタする。・・・・・あ、そのあとチューするかもしれんけど」光「おれ無理やわ~~~!」剛「その後パストリーゼしますけど」光「消毒ね」
・ムチからのアメからの絶望ぶつけてくるアイドル。
・昨日光一さんの楽屋にもパストリーゼまきちらした話を普通にぶっこんでくる剛さん。
・光一さん「急に現れてびっくりした、あの後すぐに狭い楽屋にうつったんやけど」剛「え?」光「多分後輩が使ったと思う、関ジャニとか」剛「くっそー・・・・む~~ら~か~~みぃ~!!」
・アンコール捌ける時に「失礼します!帰って旦那のパンツとか畳んで下さい!失礼します!」って去っていく光一さん

☆Wアンコールにて
・剛さん「帰ってきちゃった~」光一さん「はよ帰って下さいって言いましたよね?早く帰って現実に戻ってください。」
・え~って声に「現実見ろよ!!!夢の時間は終わりました!!!」
・剛さん「凄まじい現実の時間です」ひどすぎる
・光一さん「何を思っててもいいです!我々を!彼氏だと思ってくれていいです!!そのかわり!終わったらスッッッッッパリ別れます!!」剛さん「それいいですね~」
・「今回はアルバム出してないから王道な曲が並んでいるのでアンコールも王道的にいこうかと・・・・君たちと我々の王道に隔たりがあるけど」
・剛「ファンの皆にそう思っているよ、っていう曲です」光「それでは聴いて下さい『Broken冷蔵庫』」剛「いやいやファンの人に『ぶっこわれた冷蔵庫やな~~~とは思ってないですよ」「じゃあBackFire!お~しり~~に火がつ~~い~~た~♪」
・本当はBackFireはセトリ選抜してたんだよ~という話に。剛さんもこの曲が好きだそう。「あと真冬のパンセも」で悲鳴があがる会場。
・光一さん「ポンセね(真似しながら)」剛「それじゃ真冬にポンセがいるだけや」光「分かる人にはわかります」
・結局愛愛が歌われて、「どうでした?王道に隔たりありました?」って確認してなかったー!って声に光一さん「みなさんが好きな曲とかこういうの好き~っていうのもね、ちゃんとわかってるんですよ。好きって知ってるけどやらないんです!!!!!!」剛さん「ド変態ドエスですね」
・最後の最後にまた20周年に向けていろいろやろうとしている事、皆さんの声がそれには必要だということ、さらにたくさん思い出を作っていきたいって話を改めてされて、その流れで「KinKiをこの先何年やれるのかな」ってポロッと溢された瞬間ちょっとだけ泣きそうになりました。永遠にやろう~~~!!!!!

 

 

多分いろいろ抜けてたり間違えてたりしてる所がいっぱいあるかと思いますがお許しを!時間制限されたけど結局時間オーバーでがっつり話し始める二人。