M album 全曲感想

毎度の事ながら仕事の都合で本日受け取り、とりあえず通して何回かリピート中しつつの感想です。すごい偏見のかたまりなのでご注意あれ~

M album 【初回盤】(DVD付)

M album 【初回盤】(DVD付)

 
M album 【通常盤】

M album 【通常盤】

 

 

 

1.Be with me
「本当は二人で一緒に歩み続けたいだけど見えない未来が邪魔をする」「ずっとずっと二人で一緒に歩み続けたい隣にいる君が僕を強くする」「キラキラ輝いてる君を僕が一番知ってるんだよもっと知りたいよ」どんどん容赦なく心に響いてくるフレーズと、優しい曲調に回数を重ねるたびに涙腺やられそうになる。浅野さんは今回初めてなので今後もまた提供ないかなと勝手に願ってる。聴けば聴くほど本当に大好きになる、切なくて優しい曲です。

2.我儘
一体この人は社会人何年目で何年前の恋愛を引き摺ってるんだって思ったけど「出来栄えの明細だけ持って帰る」「言い訳せずに星の数ごめんね」って独特のセンスだなあって思ってたら作詞の大竹さんはシャレオツの方ですごい納得いった。わかーーーーーーさにーーーーーまーーーーーーかせーーーーーーだいたあとにちったーーーーーーーーーーってすごい素敵なリズムですごいこと歌ってるなぁって思ったら井上さんはAKBで大声ダイヤモンドやRIVERから希望的リフレインなどたくさん提供されている方でした。これは聴けば聴くほど印象が変わりそうな楽曲です。

3.たいむ・とらべ・らばーず
こんな曲調結構久々っていうか珍しいなあって思ったら、流星で一度作詞手掛けた市川さん(すまっぷのオレンジや夏日憂唄の方)でha-jさんとはキスマイのキミトノキセキで一緒に作曲もされてて、あーなるほどって納得。アニソンOP曲もしくはサマンサのタイアップ曲ぽい!(褒めてる)クリスタルとかミラクルとかそういう私でもわかる単語を歌ってるのが個人的にはツボ。あと「若すぎた過ちも今ならば認め合える」って我儘と何気にリンクしてるところとか少し気になる。基本何歳設定なんだろうか。

4.エゴスティック・ロマンス
もう始まりから原さん節やばいなあハズレがないなあ圧倒的な世紀末歌謡曲感!前田さん作詞、原さん作曲楽曲は面影とTomorrow Againなんですが、ほんっとにパート分けが秀才なんですよ!!特に光一さんによくぞ歌わせてくださった!って思う事が多いこのふたりのコラボの時。今回でいえば「キスの首筋にナイフ突き付け合うよなどうしようもない恋をしようなんてロマンチックだろう」を光一さんパートに選んだのほんとにやばいし本当に米俵案件すぎる。あと個人的には、あなただけ…みたいな顔で見つめられたらすごい冷めていく顔のつよしさんのこと考えたら勝手に楽しいのでオススメ。あとはTomorrow~の「羽が折れても羽ばたきたがる」に続き、今回も「僕の羽を濡らさないで」っていうフレーズにユーリのことを思い出せられ心抉られてるトーマの心臓信者。

5.SPEAK LOW
今回わりと何だか懐かしいと思わせる曲調が多い中、この曲はこれまでのきんき音楽活動の集大成っぽい気がする。これをタモステ披露曲にしたのは本当に素晴らしい戦略だなあ。1曲だけ聴かされたらすごい衝撃あるけどこの曲目構造の流れで聴くとすごいなるほどなあと思う。どんちゃん楽曲にしては今回珍しく私の中で心に突き刺さるわーーー!!!って抉られるようなフレーズの爆弾感はないけど、やっぱりそのぶん曲調がほんとうにかっこいい。かっこいいしか言えない!かっこいいの詰め合わせ大セール。どんちゃん楽曲はスルメじゃなくて直感で矢で一撃喰らわせてくるから本当に初聴の時からずっと同じ好きのままでいれる。「キラキラと光る青い夢」って青=哀しみって思い込んでるつよしさんに歌わせてくれて本当にありがとうすぎる案件すぎてこれは半世紀引き摺ると思います。

6.Want You
異世界?トリップ?と思いながらいろいろな世界を巡らせてみたけれど逆に純和風でもしっくりくる気がしてきた不思議。きんきさんの歌声とか発音的にやっぱり日本語が綺麗だなあサビかっこいいなあ全文英語歌詞じゃなくて良かった!ステージでは女性ダンサーとは絡まずに、あえてステージ上にたったふたりきりでメインステで一切踊らずに歌ってるのも素敵でしょうし、それか細身の軍服衣装でめっちゃダンサー従えてるのもやばいな~なんとて楽しみです。とにかく光一さんに「キミもそうシンデレラさ」、つよしさんに「僕の為に存在を」って歌わせたの悪意に満ちててやばいのでこちらも軽率に米俵送りたい。

7.aeon
曲調も歌詞も今まであんまりない感じがする!何だろうサビの盛り上がりがすごいなんだかとっても懐かしい。懐かしい感じもだし、どっちかっていうとハロプロとかスピードとか女性が歌う楽曲っぽい感じがする。あの上がり下がりの音程とか、ひらり~ひらり~のリズム感とかすごいほんとに好きだなぁって思ったら田中さんは依然LアルでStand by meの作曲手掛けられた方なんですが、かつんではkey of lifeやMovin'onの作曲者なんですよ。ドツボがすぎるわ。「人は何故永遠と名付けて留まる事選ぶのか」を永遠をテーマに歌いまくってるきんきに歌わせるのすごい素敵だなあ。

8.僕らの未来
勇敢な君にと同じようにみえて実は全く違う事を歌っている曲だなあ~という印象。歌詞も曲調も含めハッピーソングには変わりはないんですが、「僕がいるから悲しみは半分」「泣きそうになったら後ろからそっと肩たたくよ」っていう、たまに小出しにしてくる貴方のことはとても大切だし愛しているけど全部は受け止めませんよっていうスタンスがすごいときめく。わりとスパルタ。

9.Glorious Days~ただ道を探してる~
Lアルやシングルであんなに五郎さん推してたのに今回はなくて寂しい気持ち。良い曲である事には変わりは無いのでしんみり~する。しんみり~。この曲について語ると映画の感想も語ってしまうので省略。受注生産販売したのは一生根に持つ。

10.もう君だけは離さない
「あぁ振り返ると君とずっと歩き続けていた」このフレーズ多分ライブで聴いたら泣いてしまうかもしれないなあと。しかしこの曲も一体何歳の設定なんだろう。もしかしてお子さんもいらっしゃるのでは。cannaさん、青の時代とユキムシ作詞作曲された方なんですが本当に泣かす曲調というか、イントロが綺麗。綺麗っていうすごい幼稚園児みたいなことしか言えない自分が恥ずかしい。

11.Two of Us
すっかり大人になってしまったきんきにこんな熱烈で悲劇的な恋愛模様のラブソング歌わせれてくれるのはもう建さんしかいないのかもしれない。聴いた瞬間、建さん・・・!!!!!って泣き崩れそうになった圧倒的世紀末歌謡曲感。勇敢な君にの第二章っぽい印象がある。あとはやっぱり「心配性のこの僕を君は笑うけれど不安はつのるばかり」「失うことばかり怯えていたよ」ってもしかして愛のかたまりの相手この人なのでは疑惑が私の中で話題に。「時の流れに愛が負けてしまわないよう」って若干銀色暗号も混ざってる気がして、全然意識してないかもしれないけどさすが建さんとか思っちゃう。ネが片仮名表記でも建さんなら許しちゃう。

12.Where is
喧嘩した彼女に謝る事をうーんどうしよー他に方法はないかなーってずっと彷徨い歩いてたのかな、って考えながら聴くと楽しくなってくる。探してたのは薬指にはめる指輪なんじゃないの!?夜空にごめんねって言わんとはよ直接彼女に謝ってあげて!とすごい背中を相撲ばりにどすこいしたい気持ちになる、何だかとってもMessageとか駅までは同じ帰り道の彼を思い出してしまう頑張れソング。しかしこの曲のふたりの声がほんっとに好きだなあ。ラストサビの歌声の重なりとかすごい好きすぎる~

13.EXIT
Lアルの構成のなごり引き摺ってるのかなあ。こういう楽曲のつよしさんの歌声が好きなんですよねぇ・・すごい頭の中でふぉ~ゆ~やダンサーさん達が可愛い衣装きて楽しそうにステージ走り回ってる。光一さんはふぉ~ゆ~のこといじりながらスタスタ歩いてる。ぐろりあすでもコンパスって単語が出てきたはずなんですが、コンパスがこんなに出てくるアルバムってなかなかない。

14.Stay Together
ジャケットの砂時計をひっくり返すかのように、14曲目まで聴き終わって1曲目にリピートして聴いてると、1曲目のBe with meと歌詞がいろいろとリンクしている事に気付いてしまった。「本当は二人で一緒に歩み続けたい」→「二人で歩いてこう」「だけど見えない未来が邪魔をする」→「他の誰かには奪えはしない」「ずっとこの先も壊れはしない」「もう少し強くなれたら君に伝えたいとっておきの言葉があるんだ」→「どれだけ言葉を並べても足りることはないけれど何度も言うよ」などフレーズ的にも結構グッとくる。しかもこの2曲のタイトルも意味考えたら、偶然にしてはちょっと出来すぎてるような気もしている。砂時計ってこういう意味なのかなあ~だとしたら本当に素晴らしいコンセプトだなあ。この曲が、このアルバムこそがきんきによるきんきの復讐の答えなのかもしれない。

 

 

~爆笑と意外性のメモリーズ編~

1.Rocks
SHOCKでも始まるのかと思った、イントロ。思わず華麗にターンきめてしまう所だった。あの少年だからこそのギラつきとギリギリスレスレ歩いてる感がなくなって豪華になって下にいっぱい従えてます感やばいのでこれは踊って欲しい案件のリアレンジだな~やっぱりこれ、15コン初日のアンコールですごい歌いずらそうだった(で次の日からなくなってた)の、根に持ってるのかなあなんて思ったり。だとしたらときめく。

2.せつない恋に気付いて
原曲よりもうちょっとゆっくりになってバラード全開。これはそこまでリアレンジって程でもないのかな~きんきではよくある感じかな~って思ったらサビでハモってきて泣いてる。とくに2番の光一さんパート聴いてると原曲とのあまりの声の違いにああ大人になったなあと時の流れを感じてしみじみする。

3.このまま手をつないで
多分きんき楽曲でイチバンウルトラスーパーミラクルロマンチックナンバーワンでしたけど、~Mアルで伝説となりました~感ある。ちょっと音が軽めになってどことなくシンクリっぽくなったのも原因のひとつ。これシンクリみたいにPV撮って夜のメリーゴーランドとか乗って欲しい。イルミネーションが似合う。これはすごい素晴らしいなあ~是非セトリに入れて欲しいです。

4.雨のMelody
イントロで思わず膝ついて笑いそうになったけど、やっぱりこの35歳の歌声がのるとほんとたまらないものがあるなあ。35歳にならないと歌えなかったリアレンジ。この曲はやっぱり、悲壮感漂いまくりのあの音と歌声が特徴というか愛されている秘訣だったのではないかと思うので少し軽くなってしまったのが寂しいですが、でもこういう歌い方も好きだな~。どっちかっていうと、音源というよりもこれはコンサートで聴いたら迫力あると思うので楽しみ。それまではサンバ隊が頭の中でめっちゃ踊っててめっちゃうるさくて楽しい。

5.もう君以外愛せない
「水?え?今水の音したよね?聴き間違い?」って思ったら結構本気で水の音だった。まさかの心中リアレンジかと思ったじゃないか‥原曲より幸せになったのか重々しくなったのかはもうちょっとおかげでよくわからなくなった。でもバイオリンの音的にこれもライブで聴いたら迫力ありそうだなあ~白い衣装でお願い致します。とりあえず指鳴らされながらダンサー出てきたら絶対笑っちゃうからそれだけはやめてほしい。いや楽しいけど。

6.愛のかたまり
でしょうね!!!!!!!!!!!!!!!っていうリアレンジで安心しました。クソハッピーになってたらどうしようかと思ってたので。一言一句を大切に大切に歌われてるなあ。15コンの時に光一さんから「愛のかたまりはもう殿堂入りだから」って言われた、これからもずっとずっとみんなの大切な名曲。

7.HAKKA CANDY
せやろな。せやろなぁ、って自分に言い聞かせながら聴いてる。そらタイトルもローマ字になるわな。せやろな。コンサートでイントロ流れたらちょっと吹き出してしまうかもしれないけれど許してほしい。

8.Bonnie Butterfly
なんだかゲーム主題歌っぽくなった!エレキかっこいいなあ~個人的にはもっと声バッキバキに加工しても良いかなあとも思うけどとりあえずきんきさんはライブに限るのでこれもコンサートの演出込みでとっても楽しみだなあ。多分これは言葉も出ない程に魅了されるに決まってるんだ‥

9.恋涙
これもちょっとだけ軽くなったのでちょっとだけハッピー感増した気がする。なんだか冬の名曲っぽくなったね!原曲はあの重々しさが魅力でもあったのかなあとも思うんですが、やっぱりラストに持ってくるにはハッピーでないとねと思ったのだろうか。愛のかたまり恋涙を入れて銀色を外したのは何でだろうってすごい気になる。

 

 

そんな感じのMアルバム、初聴の印象は「Cアルバムの軽さや構成に近い」でした。あとLアルからの流れがちゃんと綺麗に出来ているなあと。個人的にどこかで聴いた事がある懐かしい曲調イコール耳に馴染んでいるきんき楽曲。Fアルあたりからすごいいろんな曲調に挑戦して開拓してきんきの音楽というものを築き上げてきたけれど、少しずつそれを拾い集めて「きんきらしさ」にこだわったかのような、いえば本当に内部者が作った!感じがする。普通にきいたらそれは言い方悪く聞こえるかもしれないけれど、今回のアルバムにとってそれはとっても重要な事なのである。発売前にいろいろと勝手に書いてたんでもうあんまり言わないです。でもやっぱり私は歌ってるふたりが好きだしふたりの音楽が好きだ。これからもずっと。とりあえず来週には大阪公演ですよ!!!!!!!!!!!!!楽曲については本日のラジオでいろいろ語って下さりそうなので楽しみだーー!!!!!!!!!!!!